NO IMAGE

英語のカタカナ発音は弊害が多い

池谷裕二氏は脳科学者でベストセラー「海馬」を書いた著者でもあります。池谷氏は日本一脳にやさしい英会話法とのうたい文句の「魔法の発音 カタカナ英語 」の著者でもあります。本書のカタカナ表記のアイデアは日本に昔からあるハイデイ・矢野氏等の著作の発音法則とほぼ同じです。発行者は日本人の脳にもっともフィットした英会話実践術を紹介するとしています。 「多くの日本人はanimalをアニマルと発音します。たしかに英語の授業で...

NO IMAGE

音声の動的要素と静的な要素

英語の音のストリームにはいろいろな情報が含まれています。大事なのは言語音のような動的要素と、個人識別情報などの静的要素があります。 人間が話す個人性の情報は音響的には何をもって判断するのでしょうか。鈴木教郎氏の研究によると音の静的な成分が個人性情報を最も含んでいると言っています。つまり音のスペクトルとか周波数などの音の静的成分が個人情報となっています。 会話音を聞くとだれが話しているか分かるのは、その音声...

NO IMAGE

音声の音の動的変化を捉える

発音教材で音の変化の法則と称する音の同化、音の連結、音の省略、音の弱化と言うの表現は正しくありません。それは、ある状況になると違う音になるのではなく、会話などではそうなると言うだけの事で、法則のように必ずその音になるわけでありません。単語が子音で終わり次の音が母音だと音が連結されると言う説明があります。現実的には多くの音が連結されて発音されており特に子音で終わり次の音が母音だと音が変わって聞こえるのです。 単語...

NO IMAGE

臨界期後は音の判断力が低下

臨界期を過ぎると子供のように簡単に真似る事ができません。臨界期前の子供は優れた能力を持っています。東大の峯松信明氏は子供の言葉の特徴を解析しても母親を特定できないと言っております。 峯松氏は私には今年9 歳になる娘がいますが、彼女が言葉を獲得していった過程を見ると、機械がやっていることと、非常に大きなギャップがあると言います。子どもは主に母親の発声を聞いて言葉を覚えますが、母親の声色をそのまま出そうとはしません...

NO IMAGE

学ぶなら正当派の英語を目指す

2006年10月24日のフジテレビの「ニュースJAPAN」の放送でインド人とフィリピン人の方が日本人の英語学習に関して批判的な発言をしておりました。内容は「日本人は米国英語に拘りすぎて英語が話せないのではないか。そしてインドやフィリピンではコミュニケーションを目的とするからあまり文法や発音には拘らない。通じる事が最も重要だ。」と言うものでした。日本人にもこのように英語は通じれば良いと心臓英語を主張する人がおります。 ...

NO IMAGE

英語で考える事はできない

内語とは音声を伴わない自分自身のための内言語(inner speech)であり、主として思考の道具としての機能を果たします。外言語(oral speech)とは他人に向って用いられる音声言語であり、主として伝達の道具としての機能を果たします。英語通訳が日本語に訳す場合でも最初から整然とした日本語でなく、内語で理解しています。英語を聞いた場合でも内語で理解できていれば、いちいち日本語にする必要はありません。 ある...

NO IMAGE

日本人の英語発音の弱点

サミットなどで有名な同時通訳者の村松増美氏は対談や本の中で次のように言っています。「英語は、流暢に喋ろうと思う必要はありません。話の中味がおもしろければ、ちょっと発音が下手なほうが愛嬌はあります。実は私は、人の注意を惹きつけようと思うとき、わざと下手な英語で喋るんです。アイ・スピーク・イングリッシュ・ウィズ・ジャパニーズ・ アクセントなどと、ゆっくりハッキリ言うと、みんなワーッと湧いて、それでくっついてきます。あまり...

NO IMAGE

英語発音の多くの誤解

英語発音はアナウンサーのような訓練をさせたり、その他にも誤解されたりしている事が少なくありません。 その一つに日本語は胸式呼吸で発音して英語は息を多く必要とするので腹式呼吸の練習をしなければならないと言う説明を聞きますがこれは正しくありません。腹式呼吸とは横隔膜を動かして息を吸ったり吐いたりすることを言います。胸式は胸を膨らませて息をする方法です。夜寝ている時には人間の横隔膜は自動的に動き息ができます。腹式呼吸...

NO IMAGE

発音は聞く能力に依存

私は大量に聞くことから始めました。私がネイティブの英語を聞いた時間はアメリカ滞在生活や通訳をやっていた時間も含めれば何千時間になると思います。私は英会話学習の初期のころ理解できないのに英語ニュース聞いたりしました。アメリカ留学中はテレビ番組を長時間見ました。理解できないために楽しくありませんでした。しかし修験者のごとく耐えるのも英会話習得の道と思いやっていました。ある時間を聞き込めば急に分かるようになるかとわずかな期...

NO IMAGE

語彙力をつけるための最善策

それぞれの言語には幾つの語彙があるのでしょうか。実際には誰も幾つあるか分かりません。昆虫だけでも名前のある種だけでも100万種くらいあるそうです。有機化学の名前なども含めると、一つの言語には数千万の語彙があるだろうと言われています。我々人間はそれぞれが必要な数だけのわずかな語彙を使っているに過ぎないのです。 このような無数にある語彙の語彙力というのは英語を音や文字として駆使する場合に比例的に向上するものです。も...

NO IMAGE

英語をルールで覚えない

ある発音関連の掲示板に次の質問がありました。 What a charming skirt! It makes her really young. But she is young. She's still in her twenties. 上記の「But she is young.」のどれが強く発音されるかという問題ですが、答えはisになっていますがなぜButやyoungではないのですか。 次のよう...

NO IMAGE

大脳生理学には英語脳は無い

日本語を介在さないで、英語を英語のままイメージや感覚を捉えて英語で理解することを英語脳と呼ぶようですが、このような非科学的な考えはしない方が賢明です。大脳生理学本でも日本語脳とか英語脳の事はまったく触れておりません。英語を理解するのは英語の音と意味を覚えておくか、英語の文字の意味を覚えているかの問題で、理屈の説明は簡単な事です。 脳の内部では別に日本語脳とか英語脳に分かれているのではありません。脳の部位にはある...

NO IMAGE

暗記するなは信用するな

”英語は暗記するな”は日本で書かれた英語の学習の本です。 内容紹介 暗記は時間のムダ。 必要なのは、「1日30分」と「中学英語の知識」だけ。 成功者続出、究極の学習法!! 音声系トレーニングを駆使し、“今度こそ”実用としての英語の力を身につける。 商品の内容は暗記はムダだから音声トレーニングをしろと言うのです。そして音読パッケージなるものを紹介しています。そしてカギは音声トレーニングであり、重要なのは暗記ではな...

NO IMAGE

人工知能の翻訳システム

Googleが提供している「Google翻訳」は2016年で本格提供開始から10周年を迎えています。膨大な量の対訳データからなるコーパスをもとに翻訳を行ってきたのですが、2016年9月からは一部の言語で翻訳アルゴリズムを変更し、人工知能「ニューラルネットワーク」を用いることで、より人間に近い自然言語処理が行える「Google Neural Machine Translation (GNMT)」を導入しています。 グー...

NO IMAGE

英語に基本の音は存在しない

化学では水を酸素と水素に分解したり、酸素と水素を燃やしたりして水にする事ができます。化学的な参照単位である酸素や水素が存在するからです。「素」を知ることができれば、理論上は素材から何でも作る事ができます。英語でも音声を音素に分解したり、文章を形態素に分解したりする事があります。 音声を音素に分解して認識するのが音素ベースの音声認識です。音素や発音記号の発音を覚えて単語や文章の発音をするのが音素ベースの発音練習で...