自然な英語のリスニング練習

スポーツにおいて視覚能力を高める事は大変重要ですが、視覚を鍛えるのは難しい事です。実際の運動をするのではなく、もっと効率の良い方法として視覚付加トレーニングが考案されました。これは愛知工業大学の石垣尚男氏が考えたもので、特別なゴーグルを使い、電機が流れると曇って見えなくする方法です。これは見える時間と見えない時間を0.1秒刻みで設定することができます。かけた人は目を何回も瞬きしたような感じになります。

スポーツにおいては動体視力、眼球運動、周辺視野、瞬間視力が必要になります。例えばこのゴーグルを付けてサッカーのリフティングの練習をすると瞬間視力が際立って向上するそうです。壁に張ったボード上のあちこちで点滅する光を手で触る練習をすると、眼球運動が活発になるそうです。

では英語では聞く練習はどうしたら良いのでしょうか。視覚の場合は見える対象になるものがあります。英語のリスニングでは何を対象に聞いているのでしょうか。

最近の脳科学の研究で音声認識の仕組みが分かってきました。音声認識の仕組みは記憶にある音と聞いた音の、音の特徴の照合です。

つまり鼓膜で感知した音の信号の音の特徴と、自分の記憶にある音の特徴で照合して認知しているのです。言ってみれば音を聞く事よりは、英語の音を覚える方が遥かに大事になります。
リスニングでは覚えていない音は聞き取れないのです。するとリスニングの練習をするよりは自然な英語の音を忘れないように覚える方がずっと効果的な学習になります。

そのためにはネイティブを真似て覚える、そしてフィードバックで矯正する事です。このディープラーニングにより音の特徴を捉える事ができます。

日本語の場合にリスニングの練習や訓練はしません。それはネイティブを真似てディープラーニングで多くの日本語の表現を覚えているからです。

一緒に英語を学びませんか

ディープラーニングで一緒に英語を勉強しませんか。次のサイトにメソッドと教材があります。

30日無料モニターを募集しております。下記ページから無料で登録できます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kakumei-b-01-300x141.png です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする