英語リスニングのポイント

既に英語が聞き取れないのは発音がてきないからではないと説明しました。英語が聞き取れないのはその音を聞いても、自分の知っている音として思いだせないからです。単純に音を覚えていないだけの事です。しかし、問題は物理的に不安定な言葉の音を覚えると言うのは大変に難しい事です。発音ができれば済むような単純は話ではありません。日本人の英会話上級者でLとRが完全に発音できても、完全に聞き訳できる人はほとんどいないと思います。

ある掲示板で次のような深刻な書き込みがありました。

「半年前から英語の発音教材で発音練習をして、聞き取りを良くなるようにしています。結構訓練しているつもりなのですが、未だに下記のように聞こえ上達しません。

歌詞:on the shore a dream will take us out to sea
私の耳:I’m sure it’s me who te can sight to see

テキストを見ればなるほどとわかるのですが、半年前からみても一向に進歩していないんじゃないかと不安になります。日本語でもよく効き間違えるので耳が悪いかなと思っているのですが、このような経験を乗り越えた方、その方法を教えてください。」

このような悩みは誰もが経験する英語の聞き取りを学過程の切実な質問かもしれません。多聴が良いとか精聴は良いと言うのは、野球の打者に練習する時にはたくさん打て、良く球を見て打てと言うアドバイスにしか過ぎません。間違いではありませんが、効果的な聞き取りのアドバイスではありません。打者であればどのような球種にはどのような見方をするかの具体的な目的を持つべきです。英語の聞き取りもたくさん聞けば良い、熱心に聴けば良いと言うものでないと思います。

人間の言葉は発音器官が段階的に動くのでなく、曲線的に動くため音は曲線を描いて変化をしますので時間の経過にともなう音の変化に注意すべきです。つまり音声は連続的に変化しているのです。
そして聞き取りは実際の音声に並んでいる音素を聞いて照合しているのではなく、自分の記憶にある音との照合です。

英語が聞き取れないと速すぎと思いがちですが、速いとか遅いの問題ではありません。その音が記憶にあるかどうかの問題です。

するとリスニングで大事な事は聞く練習をするのではなくて、英語の自然な音を覚えるレ㎜集が必用にあります。

その理想的な音の覚え方はネイティブを真似るディープラーニングです。ディープラーニングでは音の特徴を学習しますから、リスニングには最適だと言えます。

一緒に英語を学びませんか

ディープラーニングで一緒に英語を勉強しませんか。次のサイトにメソッドと教材があります。

次の方が会員として参加しています。

https://英会話革命.com/for-member/memberlist/

現在、無料モニターを募集しております。下記リンクから無料で登録できます。

https://英会話革命.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする