英語話題一覧

NO IMAGE

イングリッシュ・モンスター

引きこもり期間7年間に英語を勉強をして、TOEIC990点23回取り続けた男がいます。 グローバル企業が「社内英語公用化」を打ち出し「英語は苦手だから…」なんて言ってられません。これまで海外渡航経験はなく、1993年から7年間、引きこもり生活に入り、英語をひたすら勉強し続けた結果、現在ではTOEIC990点満点を23回連続で取り続けました。これはイングリッシュ・モンスターという異名を取る彼の「独自の勉強法」です...

NO IMAGE

小学校英語教育で優先すべき事

私はもし小学生に英語を教えるのであれば発音とリスニングを優先すべきだと思います。特に会話に使われる英語の発音練習とリスニングがベストだと思います。私が今でも英語を楽しめるのは聞き取れる事、そして英語を話す機会があることです。母国語であれば言葉はどんな子供でも会話ができます。それ程楽しいものであり、誰でもできることです。 私は英語使いのプロとして長い生活をしましたが、未だに文法とか単語のスペルは好きではありません...

NO IMAGE

人工知能から学ぶ「英語学習法」

脳科学者の茂木 健一郎氏はPRESIDENTの 2016年3月14日号に次のような記事を書いています。 1.グーグルの人工知能 日本人にとって、英語は、永遠の「課題」のようだ。英語学習に関するさまざまな本が出版され、雑誌でもたびたび特集が組まれている。しかし、なかなか上達しない。 英語学習は、多くの人にとって、「鬼門」のようだ。 今回は、英語の学習の仕方を、少し変わった視点から検討してみたいと...

NO IMAGE

AI英会話と英会話ロボット

ここではAIを使った英会話のデバイスやサービスについて説明します。 1.AIを使った英会話 最近ではAIを使ったAI英会話や英会話ロボットやAI英会話のアプリなどがあります。共通している昨日は学習者の発音を音声認識して、それに答えるものです。中には音声認識機能を使い、学習者の発音を診断したりする場合もあります。 基本的には多くの英語表現を記憶に蓄積しており、その中から答えを返します。最大のセールスポ...

NO IMAGE

人工知能の翻訳システム

Googleが提供している「Google翻訳」は2016年で本格提供開始から10周年を迎えています。膨大な量の対訳データからなるコーパスをもとに翻訳を行ってきたのですが、2016年9月からは一部の言語で翻訳アルゴリズムを変更し、人工知能「ニューラルネットワーク」を用いることで、より人間に近い自然言語処理が行える「Google Neural Machine Translation (GNMT)」を導入しています。 グー...

NO IMAGE

スピードラーニングの実体

最初、私がエスプリライン社に電話をしたのはサイトにあるフリーダイアルの番号でした。このフリーダイアルでは商品購入のための受付アルバイトにつながるだけです。社員の名刺には会社の番号が印刷されていますが、サイトや新聞やテレビの宣伝からの電話は全てフリーダイアルにしてあり、簡単には会社のスタッフとの直接の連絡ができないようにしてあります。私は“どうして聞き流すだけで英語が話せるか”の質問をすると、別のフリーダイアルを紹介さ...

NO IMAGE

暗記するなは信用するな

”英語は暗記するな”は日本で書かれた英語の学習の本です。 内容紹介 暗記は時間のムダ。 必要なのは、「1日30分」と「中学英語の知識」だけ。 成功者続出、究極の学習法!! 音声系トレーニングを駆使し、“今度こそ”実用としての英語の力を身につける。 商品の内容は暗記はムダだから音声トレーニングをしろと言うのです。そして音読パッケージなるものを紹介しています。そしてカギは音声トレーニングであり、重要なのは暗記ではな...

NO IMAGE

社内英語公用語化

楽天の三木谷社長の発言で社内英語公用語化による英語力の重要性は注目されました。これは急にきたものでなく、実はその前から予兆はありました。例えば、日産自動車のゴーン社長の就任。これによって、日産の経営層の会議は英語になりました。 こうした世の中の流れを先読みして求められるスキルを身につけることは、できるビジネスパーソンに求められることです。現在は英語力に注目が集まっていますが、その流れについて流れをうまく利用する...