理想の学習一覧

NO IMAGE

エビングハウスの忘却曲線の問題点

武田塾広島校から次のような説明があります。 今日は、あの有名なエビングハウスの忘却曲線の致命的な問題点についてです。 ここで言いたいのは、エビングハウスが行った実験に問題があるわけではありません。 科学的なデータであり信じるに足るものです。 では、エビングハウスの忘却曲線とは、どんなものだったでしょうか。 19世紀から20世紀初めのドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが行ったあまりに...

NO IMAGE

歴史から何を学ぶか

これらの英語教育の歴史を良く読むとどのように英会話を学んだら良いか、いろいろのヒントが浮かびます。これら英語学習の歴史の中で一番重要なのが自然な発音をどう身に付けるか苦労しているのが良く理解できます。日本は1868年の明治維新から急速に外国文化や技術を吸収しております。日本政府が外国から招聘した技術者の数千人規模になりますから、この頃からすでに生の外国語に触れる事のできる日本人はかなりいたことになります。英語学習も本...

NO IMAGE

英語が話せない理由とは

英語を話したい、だけど話せない、その理由は単純明快でその音を覚えていないだけです。覚えれば話す事が可能です。聞き流す流すだけで英語が話せる訳はありません。 英語が話せないのは発音の問題でも、話す機会がないからでも、明確な目標がなりからでも、日本語が英語と違う言語であるからでもありません。特に日本人は語学習が下手でもありません。 話せないのは覚えていないから 単に覚えてないから話せないだけの事です。そして歩...

NO IMAGE

英会話力を正しく評価

話し言葉は音声で話したり、聞いたりしますので試験や評価をするのが大変難しい事になります。英会話はもちろん典型的な話し言葉の学問です。一般的な英語の試験ではどうしても白黒のはっきりする書き言葉としての英語が評価の対象となります。日本の学校の英語でも多くの時間が書き言葉としての教育が主体となります。しかし、通常の生活に必要な英語はどちらかと言えば話し言葉としての英語です。海外旅行でも頼りになるのは話し言葉としての英語です...

NO IMAGE

英語発音の反復練習の落とし穴

記憶するために繰り返す練習は必要ですが、その落とし穴も存在します。「慣れによる間違った学習」です。単純に繰り返したから正しい事が記憶に定着する訳ではありません。歩いていても、走っていてもフォームが悪い人がたくさんいます。このような毎日行う基本動作でもフォームが悪いと言うのは慣れによる間違いの学習です。毎日繰り返しているのにフォームが悪いと言うのは間違った歩き方が定着してしまっているために、正しい歩き方よりはその身に付...

NO IMAGE

晴山氏の究極英語学習法の誤り

晴山陽一氏は多くの英語本を研究した結果次の方法が究極の勉強方法であり、このような学習方法はあり得ると言っております。 晴山氏は究極の英語勉強方法に関して次ぎのように言っております。 (英語本研究の)第2の目的は、これら先人の労作から英語学習のヒントを拾い集め、「究極の英語学習法」とは何かを探り当てていくことであった。今回は、そのようにして見えてきた「究極の英語学習法」をテーマに書くことにしたい。 前...

NO IMAGE

小学校英語教育で優先すべき事

私はもし小学生に英語を教えるのであれば発音とリスニングを優先すべきだと思います。特に会話に使われる英語の発音練習とリスニングがベストだと思います。私が今でも英語を楽しめるのは聞き取れる事、そして英語を話す機会があることです。母国語であれば言葉はどんな子供でも会話ができます。それ程楽しいものであり、誰でもできることです。 私は英語使いのプロとして長い生活をしましたが、未だに文法とか単語のスペルは好きではありません...

NO IMAGE

臨界期の克服

臨界期は言語学習の最大の壁であり、言葉を覚える場合には臨界期を良く理解する必要があります。子供が言葉を真似るだけで言葉を覚えてしまうのに、大人になるとどうしてこうも時間を掛けなくていけないのでしょうか。臨界期がどのようなものであるかを理解すれば、その臨界期にどのように適応すれば良いかが分かるからです。 臨界期をうまく克服する方法こそ理想的な言葉の学習です。臨界期はかなりのレベルのまで克服できますので臨界期がどの...

NO IMAGE

英会話学習の年齢的限界

よく次のような質問を受けます。「もう何年も聞き流しや英語番組などでリスニング上達を目指していますがまったく、聞き取れるようになりません。すっかり意気消沈しています。やっぱり30歳過ぎからだと無理なのでしょうか」私はすぐにこう言います。「冗談ではありません。私は英語を数十年勉強していますが、50才を超えてからが一番効率良くなりました。それは長いこと勉強してより良い方法が分かってきたからです。肉体的には衰えていると思いま...

NO IMAGE

学ぶなら米国英語か英国英語か

最近、英語の発音で英国英語を希望する方が多くいます。英国英語でも米国英語でも好きな方を選べば良いように思われますが、私は言語は歌のようなものでは無い気がします。理由は言語は楽しんだり、情報を入手したり、会話を楽しむ道具であると考えると単に好きとか嫌いで決めるのでなく、道具としてはどちらが得かで考えるべきだと思います。もし日本語を習う外国人がいたら我々は躊躇なく関西弁でなく東京弁を勧めると思います。これは東京弁の方が標...

NO IMAGE

継続性のある学習方法を選ぶ

英語を話す事はある意味ではピアノやギターを習うと同じようなものです。違いは自分の音を常に調整しながら奏でる楽器なのでかなり複雑な運動です。聞いているだけとか本を読む事によって上手になる訳でなくかなりのレベルの練習は不可欠です。我々は大人になると高度の日本語が身に付いていますがどうやって学習したのでしょうか。ほとんどの人が話し、読み、書きを継続的にやってきた結果だと思います。 最近音読に関心が高まっていますがこの...

NO IMAGE

理想的英会話学習方法

英会話学習にはいろいろな方法が提案されていますが、最後に最も理想的な英会話学習はどのような方法でしょうか。その方法を具体的には解明するのは非常に難しい事です。しかし、どのような方法が効果的であるべきかと言う事は明確にすることはできます。何よりも事前知識として知っておくべき事は、英会話をすることは大変複雑な言葉と取り組むと言う事実です。だからどのような方法であろうとも、あまり簡単に割り切り過ぎないことです。例えその割り...

NO IMAGE

真似て覚える

同質のものを大量に練習するためには英会話であればどうしても発音の反復練習が必要になります。基本的な英語の表現をあまり意識しないで発音できるように練習することです。そして主語がどうで述語がどうでとか文章を文法的は「素」分解しないことです。ある表現がどのような意味があるかを知る必要がありますが英会話においてその文法的な組成を知る必要はありません。中学や高校で覚えた英文法で十分です。 そして最初は自分で英文を作らない...

NO IMAGE

学習には情感や精神面も重視

脳科学者の茂木氏によると人間が判断を下すときとか記憶する時は、脳の中では感情のシステムがフル回転すると言います。その結果、記憶と感情は密接な関係にあるようです。それは脳の感情のシステムが、記憶すべきものと、それ以外のものの振り分けに関与しているらしいのです。 感情情報の処理をする扁桃体が、記憶形成に関係する海馬に影響を与えるらしいのです。 脳の中では、何らかの成功体験つまり報酬が得られると、そのような結果をもた...

NO IMAGE

大脳生理学には英語脳は無い

日本語を介在さないで、英語を英語のままイメージや感覚を捉えて英語で理解することを英語脳と呼ぶようですが、このような非科学的な考えはしない方が賢明です。大脳生理学本でも日本語脳とか英語脳の事はまったく触れておりません。英語を理解するのは英語の音と意味を覚えておくか、英語の文字の意味を覚えているかの問題で、理屈の説明は簡単な事です。 脳の内部では別に日本語脳とか英語脳に分かれているのではありません。脳の部位にはある...