学習理論一覧

NO IMAGE

英会話学習はシングルタスク

人間は聞きながら話したり、文字を見ながら声を上げて読んだり、同時にマルチの作業が可能です。しかし学習する時にはマルチタスクでは無く、シングルタスクの方が効果が上がるようです。このような脳の研究はありませんが、実際の経験から言えると思います。 私はワープロ・オペレータのプロの方から入力を速く、正確性を高めるために定期的に入力の基礎練習をするそうです。ワープロ・オペレータであれば毎日入力作業をしている練習になりそう...

NO IMAGE

20世紀の現代的英語学習方法

.20世紀にもなると世界的に見て、地球規模での人的交流が増え、日本だけでない世界的にみて外国語習得の機運が高まり、いろいろな方法や考え方が次々と導入されました。 音声教授法(Audio Lingual Method) 1940~50年代にFriesやLadoを中心に、アメリカ構造主義言語学と行動主義心理学とを理論的背景として提唱かつ実践されました。アメリカ構造主義言語学の影響を受け、話し言葉が重視され...

NO IMAGE

英語学習と学習理論

音声英語を学習する場合にはニューラルネットワークの学習に非常に似ています。次の学習のどれに当たるのでしょうか。 教師あり学習 小脳は誤差信号をもとにした教師あり学習になります。問題と解答を教えてもらいながら学習します。学校での授業のような感じの学習です。 教師なし学習 大脳皮質は、信号の統計的性質をもとにした教師無し学習に対応します。データだけを受けとりもっともらしく分類したりします。データにはラベル(教...

NO IMAGE

英会話と近代的な学習理論

英会話学習方法の手法に必要な要素をまとめてみました。各種の教材を調べるとそれぞれの特徴を持っていますが良い教材や良い学校には次のような要素が必要なようです。英会話学習方法を選択する場合にぜひ参考にしてください。これらの要素は他の学科を学習する時にも有効です。 1.古典的学習理論 学習レベルにあった教材で特に初期は繰り返し学習する。しかしここで重要なのは単純な繰り返しで飽きさせないことです。特に何事を習う場合...

NO IMAGE

言語習得の仕組み

日本に長い事滞在する多くの外国人の日本語はあまり上手ではありません。日本に長く住んでいても日本語をディープラーニングで学習しないからです。 ダニエル・コイル氏の“才能を伸ばすシンプルな本”のキーワードの1つに「繰り返し」があります。彼は次のように言っております。「繰り返しはスキルを伸ばすためのもっとも効果的な方法である。なぜなら、脳の神経回路を高速かつ正確にするからだ。」 才能を発揮する、スキルを伸ばすた...

NO IMAGE

臨界期の克服

臨界期は言語学習の最大の壁であり、言葉を覚える場合には臨界期を良く理解する必要があります。子供が言葉を真似るだけで言葉を覚えてしまうのに、大人になるとどうしてこうも時間を掛けなくていけないのでしょうか。臨界期がどのようなものであるかを理解すれば、その臨界期にどのように適応すれば良いかが分かるからです。 臨界期をうまく克服する方法こそ理想的な言葉の学習です。臨界期はかなりのレベルのまで克服できますので臨界期がどの...

NO IMAGE

第二言語習得理論(SLA)

はじめに ここでは第二言語習得理論について話します。言語を学ぶ場合に母語である第一言語と第二言語の習得は違うのではないかと言う理論です。ではその第一言語と第二言語の習得がどう違うかを説明します。 1.なぜ問題になるか 英語学では母語を第一言語、そして次の言語は第二言語と呼びます。多くの場合に第二言語は大きくなってから、つまり臨界期を過ぎてから学習する場合が多くなります。 第二言語習得と呼ぶのは...

NO IMAGE

英語はディープラーニング

ここではディープラーニングに関して説明します。これは脳でどのように学習するかを説明するものです。ディープラーニングの知識がなくても問題なく自然とディープラーニングが可能です。しかし、脳の学習の仕組みが分かれば英語学習がより楽しくなるかも知れません。そしてより効果的な英語学習になるかも知れません。 1.ディープラーニングとは 人間は生まれてから、いろいろ事を学習していきます。言葉を話すためには、達人...

NO IMAGE

言語の最適性理論とは

音のストリーム理論では、音声を連続的な音の変化として捉え、試行錯誤を繰り返し最適化して記憶を容易にして、記憶を増やし表現や聞き取れる英語を増やすと言う考えです。最適性理論とは近代言語学の理論の一つです。1993年にアラン・プリンスとポール・スモレンスキーによって提唱されました。1993年に出回った草稿は音韻論を対象にしたものであり、それ以降の研究も音韻論を主に対象としていますが、語彙機能文法などと結びついて統語論への...

NO IMAGE

学習方法と脳の関係

ニューロネットワークではコンピュータのように事前にプログラムを組むのではく、ニューロネットワーク自体が自ら学習することができます。次の3つに学習方法が存在します。この3つの学習方法があり、我々が実際に脳を使って学習する場合にもまったく同じように考える事ができます。 1.教師あり学習 これは小脳の誤差信号をもとにした教師あり学習になります。問題と解答を教えてもらいながら学習します。学校での授業のような感じの学習で...

NO IMAGE

ディープラーニングのSLA

最適性理論においては言語習得を脳のニューラル・ネットワークの学習と捉えております。アプローチは違いますが、学習の考えとか、方法についてはクラッシェンの第二言語習得理論に非常に近い考えです。 言語習得の初期の段階は脳のニューラル・ネットワークの教師なしの強化学習に当たります。音声には基本となる音は並んでおりません。脳が明快な答えが無い場合にフィードバックを得て最適化する解を求める試行錯誤のプロセスが初期の言語習得...

NO IMAGE

フィードバックを生かす

筋肉トレーニングを効果的にプログラムする上で頭を悩ます問題は強度、量、頻度の3要素からなるトレーニングの要素であり、更にそのセット間インターバルになると思います。最大の効果を上げるプログラムは決まっているのではなく、トレーニングを受けるに最大の効果が上がるように常にプログラムを変えていきます。そのプログラムを決めるのがフィードバックなのです。筋肉トレーニングはフィードバックを得るのが非常に容易です。あるウエイトで持ち...