学習方法一覧

NO IMAGE

学ぶなら正当派の英語を目指す

2006年10月24日のフジテレビの「ニュースJAPAN」の放送でインド人とフィリピン人の方が日本人の英語学習に関して批判的な発言をしておりました。内容は「日本人は米国英語に拘りすぎて英語が話せないのではないか。そしてインドやフィリピンではコミュニケーションを目的とするからあまり文法や発音には拘らない。通じる事が最も重要だ。」と言うものでした。日本人にもこのように英語は通じれば良いと心臓英語を主張する人がおります。 ...

NO IMAGE

英語で考える事はできない

内語とは音声を伴わない自分自身のための内言語(inner speech)であり、主として思考の道具としての機能を果たします。外言語(oral speech)とは他人に向って用いられる音声言語であり、主として伝達の道具としての機能を果たします。英語通訳が日本語に訳す場合でも最初から整然とした日本語でなく、内語で理解しています。英語を聞いた場合でも内語で理解できていれば、いちいち日本語にする必要はありません。 ある...

NO IMAGE

語彙力をつけるための最善策

それぞれの言語には幾つの語彙があるのでしょうか。実際には誰も幾つあるか分かりません。昆虫だけでも名前のある種だけでも100万種くらいあるそうです。有機化学の名前なども含めると、一つの言語には数千万の語彙があるだろうと言われています。我々人間はそれぞれが必要な数だけのわずかな語彙を使っているに過ぎないのです。 このような無数にある語彙の語彙力というのは英語を音や文字として駆使する場合に比例的に向上するものです。も...

NO IMAGE

英語をルールで覚えない

ある発音関連の掲示板に次の質問がありました。 What a charming skirt! It makes her really young. But she is young. She's still in her twenties. 上記の「But she is young.」のどれが強く発音されるかという問題ですが、答えはisになっていますがなぜButやyoungではないのですか。 次のよう...