学習方法一覧

NO IMAGE

英会話学習で効果的なアプローチ

どのような教材でもまったく何も努力しないよりはましだと言えます。でもいろいろな英会話教育方法が存在しますが効率的な教材を選びたいのが誰しもの望みです。その判断の基準としてその教材や手法が科学的であるかどうかのは大事な判断の基準になります。例えば英会話を幼児のように学ぶと言うのは臨界期の存在はすでに否定できない事実なので避けるべきだと思います。それでは言葉を大人は効率よく学習できないのでしょうか。そんなことはありません...

NO IMAGE

科学的筋トレから学ぶ英語学習

英語学習と筋トレは直接の関係はありませんが、トレーニング方法おいては参考になると思います。常識的には筋トレこそトレーニングの時間とか回数とかウエイトとかの数値を大事にしそうですが、実は現在では非常に科学的な練習をしています。それは筋肉とトレーニングの関係は比較的にシンプルで理解し易いからです。体育会系のトレーニングの世界では数十年前まではなるべく回数を多くするとか、なるべく重くするとか根性論的な練習が多かったのですが...

NO IMAGE

英語は日本語より多様性がある

すでに紹介したように英語の歴史を紐解くと長い期間をかけ、わずか15万人の地域言語から幾たびの変化とげ現在では15億人の世界一の言語に成長しました。しかし英語が言語学的に優れていた訳でなく言語の普及は経済や軍事力に密接に関係しています。 しかし英語は長い年月をかけ構造的にはシンプルに、文法的には不規則が多く、発声的には言い易いように変化してきました。その結果いろいろの言語を要素多く取り入れ純粋性よりも汎用性を求め...

NO IMAGE

英会話能力別の効果的学習方法

英会話を勉強する場合に段階別の勉強が効果的です。それは英語である程度話せるまでの練習と、発音ができるので話すための練習と、上手に話すための練習はそれぞれが違うからです。例えば英会話を習い始めたばかりの人が何時間も英語の映画を見ていても面白くありませんし、どれ程の時間を掛けてもまったく意味がありません。理解もできないのですら、どのような音であるかも分からずに、単なる音として聞こえるだけです。特にこの中でも英語を話せるよ...

NO IMAGE

人工知能から学ぶ「英語学習法」

脳科学者の茂木 健一郎氏はPRESIDENTの 2016年3月14日号に次のような記事を書いています。 1.グーグルの人工知能 日本人にとって、英語は、永遠の「課題」のようだ。英語学習に関するさまざまな本が出版され、雑誌でもたびたび特集が組まれている。しかし、なかなか上達しない。 英語学習は、多くの人にとって、「鬼門」のようだ。 今回は、英語の学習の仕方を、少し変わった視点から検討してみたいと...

NO IMAGE

ディープラーニングの強化学習

ニューラルネットワークの強化学習とは、お手本となる教師信号の存在しない状況下で最適政策を求めるアルゴリズムです。元々工学的な利用のために開発されたアルゴリズムなのですが、近年の研究において実際の生物の脳内(特に大脳基底核)で行われていることが示唆されました。その影響をうけて脳内における強化学習のモデルも数多く発表されています。しかし、戦略等のパラメータが実際に存在に対するのかといった疑問や、強化学習で使われているモデ...

NO IMAGE

英語はディープラーニング

ここではディープラーニングに関して説明します。これは脳でどのように学習するかを説明するものです。ディープラーニングの知識がなくても問題なく自然とディープラーニングが可能です。しかし、脳の学習の仕組みが分かれば英語学習がより楽しくなるかも知れません。そしてより効果的な英語学習になるかも知れません。 1.ディープラーニングとは 人間は生まれてから、いろいろ事を学習していきます。言葉を話すためには、達人...

NO IMAGE

英会話学習の年齢的限界

よく次のような質問を受けます。「もう何年も聞き流しや英語番組などでリスニング上達を目指していますがまったく、聞き取れるようになりません。すっかり意気消沈しています。やっぱり30歳過ぎからだと無理なのでしょうか」私はすぐにこう言います。「冗談ではありません。私は英語を数十年勉強していますが、50才を超えてからが一番効率良くなりました。それは長いこと勉強してより良い方法が分かってきたからです。肉体的には衰えていると思いま...

NO IMAGE

学ぶなら米国英語か英国英語か

最近、英語の発音で英国英語を希望する方が多くいます。英国英語でも米国英語でも好きな方を選べば良いように思われますが、私は言語は歌のようなものでは無い気がします。理由は言語は楽しんだり、情報を入手したり、会話を楽しむ道具であると考えると単に好きとか嫌いで決めるのでなく、道具としてはどちらが得かで考えるべきだと思います。もし日本語を習う外国人がいたら我々は躊躇なく関西弁でなく東京弁を勧めると思います。これは東京弁の方が標...

NO IMAGE

継続性のある学習方法を選ぶ

英語を話す事はある意味ではピアノやギターを習うと同じようなものです。違いは自分の音を常に調整しながら奏でる楽器なのでかなり複雑な運動です。聞いているだけとか本を読む事によって上手になる訳でなくかなりのレベルの練習は不可欠です。我々は大人になると高度の日本語が身に付いていますがどうやって学習したのでしょうか。ほとんどの人が話し、読み、書きを継続的にやってきた結果だと思います。 最近音読に関心が高まっていますがこの...

NO IMAGE

理想的英会話学習方法

英会話学習にはいろいろな方法が提案されていますが、最後に最も理想的な英会話学習はどのような方法でしょうか。その方法を具体的には解明するのは非常に難しい事です。しかし、どのような方法が効果的であるべきかと言う事は明確にすることはできます。何よりも事前知識として知っておくべき事は、英会話をすることは大変複雑な言葉と取り組むと言う事実です。だからどのような方法であろうとも、あまり簡単に割り切り過ぎないことです。例えその割り...

NO IMAGE

真似て覚える

同質のものを大量に練習するためには英会話であればどうしても発音の反復練習が必要になります。基本的な英語の表現をあまり意識しないで発音できるように練習することです。そして主語がどうで述語がどうでとか文章を文法的は「素」分解しないことです。ある表現がどのような意味があるかを知る必要がありますが英会話においてその文法的な組成を知る必要はありません。中学や高校で覚えた英文法で十分です。 そして最初は自分で英文を作らない...

NO IMAGE

効果的な学習は発音を軸に

すべての言語は音声が基本です。つまり音声言語から覚える方が効果的な学習ができます。 その音声学習の基本はネイティブを真似るディープラーニングです。 英語の発音をするためには、英語の音を知らなくてはなりません。音を知るためには英語が分からなければ意味がありません。英語の発音とリスニングには相互関係があり、発音するだけでも聞き取れないし、聞いているだけで発音ができるようにはなりません。英語のインプットとアウト...

NO IMAGE

英語回路の獲得ではない

英語回路ができると英語が話せると説明する教材がたくさんあります。私はなぜ英語脳とか英語回路のような説明が使われるのか理由を探るため典型的な英語回路を生成すると言う教材の宣伝文句を調べてみました。すると次のようなフレーズがありました。「あなたの脳内でリスニング耳ニューロンがグングンと伸びていくのがわかるでしょう。」英語を大量に聞くと脳の中でニューロンが伸びつながることにより、英語脳ができるかのように言っているのです。他...

NO IMAGE

英語耳や英語喉は存在しない

英語教材や英語学校で良く使われる「英語耳」と言う用語は、より科学的な音声学とか言語学とか英語学とか脳科学の分野ではほとんど使われておりません。だから悪い事にはなりませんが、英語耳の説明もいい加減なものばかりです。良く「英語耳」の用語が使われる教材でも英語耳の定義はまちまちです。 例えば「英語耳」が獲得できると言うある教材には次のような宣伝文句が並びます。 「英語には多くの高周波や無声音が含まれています。日...

NO IMAGE

初期には同質のものを大量に

英会話の学習を始めるとしたらどのような事から始めるべきでしょうか。斎藤孝氏が“相手を伸ばす!教え力”の中で自律を促す教え方として“あるものを身に付けさせるためには、同質のものを大量にこなさせることがポントだ”と言っています。英語の発音とは直接関係無いのですが英語の知識を身に付ける意味で容易な英語の多読を進めているサイトもあります。 何事を習う場合でも初期の段階ではやさしい同質のものをたくさんやることです。つまら...

NO IMAGE

正しい学習には学習者力が必要

なぜ英会話学習の方法は進歩していないのでしょうか。それはニューロ・エコノミクスがおおきな要因となっていることは間違いありません。これらは科学的にも証明できる現象なのです。英会話学習において多くの人がまだ何か画期てきなシンプルな方法があると信じている人は多いと思います。また英会話は上手になるとか改善したとかの評価をするのが難しい事も原因です。 薬であれば大掛かりな治験をすることができます。ガンであれば良くなったか...

NO IMAGE

外国人力士の日本語習得方法

同じ外国人スポーツ選手でも野球やサッカーの選手と比べると相撲の力士の日本語のレベルははるかに優れています。だれもがあのくらい英語が話せたらと思います。しかし外国人力士が他のスポーツより言語習得能力が高い訳でも学習方法が優れている訳ではありません。私の見方では皮肉な事に良く批判される相撲界の閉鎖的な環境が言語習得に大変向いているのです。詳しい事は外国人力士の日本語習得研究をご覧ください。 相撲の世界では親方、おか...

NO IMAGE

学ぶなら正当派の英語を目指す

2006年10月24日のフジテレビの「ニュースJAPAN」の放送でインド人とフィリピン人の方が日本人の英語学習に関して批判的な発言をしておりました。内容は「日本人は米国英語に拘りすぎて英語が話せないのではないか。そしてインドやフィリピンではコミュニケーションを目的とするからあまり文法や発音には拘らない。通じる事が最も重要だ。」と言うものでした。日本人にもこのように英語は通じれば良いと心臓英語を主張する人がおります。 ...

NO IMAGE

英語で考える事はできない

内語とは音声を伴わない自分自身のための内言語(inner speech)であり、主として思考の道具としての機能を果たします。外言語(oral speech)とは他人に向って用いられる音声言語であり、主として伝達の道具としての機能を果たします。英語通訳が日本語に訳す場合でも最初から整然とした日本語でなく、内語で理解しています。英語を聞いた場合でも内語で理解できていれば、いちいち日本語にする必要はありません。 ある...