暗記するなは信用するな

”英語は暗記するな”は日本で書かれた英語の学習の本です。
内容紹介
暗記は時間のムダ。 必要なのは、「1日30分」と「中学英語の知識」だけ。 成功者続出、究極の学習法!! 音声系トレーニングを駆使し、“今度こそ”実用としての英語の力を身につける。

商品の内容は暗記はムダだから音声トレーニングをしろと言うのです。そして音読パッケージなるものを紹介しています。そしてカギは音声トレーニングであり、重要なのは暗記ではなく理解することだと言うのです。その理由は暗記するのは苦痛であるからと言います。

究極の学習法であり暗記は時間のムダであると言うのです。音声トレーニングを駆使し、“今度こそ”実用レベルの英語力を身につけると言います。

そして”音読パッケージトレーニング”と呼ばれる本も販売されています。その本の中身をみると音読、リスニング、リピーティング、シャドーイングをカバーするものです。

その音読パッケージトレーニングの中身は次のようになっています。

”外国語の力をつけるためには、構造と意味が理解できる文を、自分の音声器官である耳と口を使ってトレーニングすることが必須です。本書では、この1冊のテキストで、音読、リピーティング、シャドーイングをすべてパッケージしてトレーニングします。これを「音読パッケージ」トレーニングと称しています。
初級から初中級の学習者に最適の中学レベルの英文で、語彙も制限し、同じテキストを使って行う「音読パッケージ」トレーニングは学習効果・効率抜群です。英文をトレーニングに合わせたパターンで収録したCD付きです。”

音読パッケージでやっている事は反復練習であり、効果はともかくとしてその反復練習の目的は覚える事、記憶する事です。記憶と言う言葉を使わずに記憶させているだけです。

我々が日本語を覚えた時は使える表現をどんどん覚えただけです。そして文法を学ぶ前に正しい日本語が話せました。

これは子供が持っている能力ではありません。言語は文法などのルールを覚える用法基盤ではなく、多くの事例を学ぶ事例基盤であるからです。

文法とは言語の基本ではなく、多くの表現事例を覚える事により後から発見されているに過ぎません。その文法を先に学ぶ事は意味がありません。

日本人の英語は文法は正しくても不自然だと言われるのは勝手に英語を作り上げるかだらです。日本語でも英語でも単語の組み合わせは決まっています。
ネイティブを真似るディープラーニングなら、ネイティブのような発音になるだけでなくねぶのような表現も使う事ができます。

一緒に英語を学びませんか

ディープラーニングで一緒に英語を勉強しませんか。次のサイトにメソッドと教材があります。

30日無料モニターを募集しております。下記ページから無料で登録できます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kakumei-b-01-300x141.png です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする