〒356-0007 埼玉県ふじみ野市北野2-11-1
Tel:049-265-1229
HOME 覚える英会話について よくあるご質問 特定商取引法の記載 無料ダウンロード
お名前
E-Mail
我々の日本語はたくさんの表現を覚える事により話せるようになりました。英語を話すためには、多くの英語表現を覚える必要があります。逆にたくさんの英語表現を覚えれば英語は話せます。

それが事実であれば、どう英語を効率的に覚えるかが重要になります。そのためには最も効果的な記憶学習が必要です。最も効果的な方法が最適性理論による音のストリーム・ベースにした学習方法です。

英語の音声は音素(発音記号)が並んだものでなく、音が連続的に変化する音のストリームなのです。脳のニューラル・ネットワークはパターン学習でありパターン認識ですから、音のストリームのような音が最も覚え易く、発音し易く、聞き易く、学習が学習が進むと加速度的に覚える事ができます。

今までの経験からは、2つのステップで学習すると大変効率良く覚える事ができます。



第1ステップ:基本の音のストリームでの学習

英語の表現を音の最適化された自然な音のストリームで発音できるようにします。どんな英語がであっても自然な音のストリームで発音できるように練習します。日本語と同様に短い表現から長い表現を覚えます。多くの表現を音のストリームで覚える事により、基本的なパターン学習が可能となります。この時期は発音が良くなる、リスニングが良くなる、記憶が良くなる事を楽しみながら記憶の基礎を固める事です。



第2ステップ:英語の表現を加速度的に覚える

音のストリームで音を捉える事ができれば、好きな表現を聞いたまま、どんどん覚える事ができます。覚える事ができれば、覚える楽しみ、話す楽しみがあります。そのためには映画のような、自然な対話形式の英語音声を聞いて反復練習をして覚える事です。記憶が次の記憶を呼びます。日本語をみながらロールプレイの学習は大変効果的です。
HOME覚える英会話についてよくあるご質問特定商取引法の記載お問い合わせ
英語の話せない理由実践者ブログモニター募集スカイプ説明支払方法以前のPDFをお持ちの方
英語を楽しく覚える英語学習の間違い最適性理論の特徴プロフィールFAQ
Copyright(C) 2011 最適性理論で英会話学習 All rights reserved.